2011年09月17日

TGS2011 に行ってきました

DSC00123毎年恒例の東京ゲームショーレポートです。

今回は昼過ぎに会場に入ってMSブースを見ましたが人が多く、CEROZタイトルの試遊は整理券が終わっていました。Tシャツ欲しさに「Gear of War 3」がやりたかったのですが残念です。では他のタイトルはどうかと思い見てみましたが軒並み1時間以上待ちという盛況ぶりです。とりあえず他を見てからもう一度と思い一通り見て回りましたがどこも同じような状態でした。今回はどこも試遊機の数が少ないようで待ち時間が長かったです。その代わり通路が広く歩きやすくなっていますが・・・。

さて、マイクロソフトブースについてですが、公式サイト配置図を見ると分かるとおり昨年までと比べて狭くなっています。ブースの構成は中心が Kinect タイトルでその左側がCEROZタイトル、右側がその他のタイトルとなっていました。先ほど書いたようにどのタイトルも1時間以上待つくらい人気がありましたが特に多かったのが「Halo: Combat Evolved Anniversary」と「NINJA GAIDEN 3」です。どちらも2時間待ちでした。しかし、Haloはリメイクなのに凄い人気です。さすがHaloと言ったところです。

あと、マイクロソフトブースを見てて何か物足りないと思ったのですが、今回XBLAがありませんでした。後で聞いたら Kinect 対応タイトルはあったそうですが通常のコントローラーで操作するものは1本もありませんでした。これから結構面白そうなものが出るだけにこれは残念。来年は復活させて欲しいです。しかし、今回の出展メーカー数を見ると来年がどうなるのか不安です。ゲーム業界には何とか盛り返して欲しいと思います。

posted by 与野 at 23:36| Comment(1) | TrackBack(0) | レポート