2009年10月30日

秋葉原ロケテゲームショウに行ってきました

先週末に開催された秋葉原ロケテゲームショウに行ってきました。到着した頃には会場は人が多く、混雑してました。ただ、歩いて見て回れる状態だったのでちょうど良かったのかもしれませんね。しかし、全てのゲームがプレイ中で殆ど遊べなかったのが残念です。

いろいろなサークルが出典していましたが、中でも目を引いたのはその場でゲームを制作して希望者に配布する小松菜屋さんです。私は最後までいなかったのですが、ニュースサイト等を見ると見事に完成させたそうです。まるでDTL.xnaのライブプログラミングの様ですね。

見ていて思ったのは、やはり制作者の顔が見えるのは良いということです。XNAでも同じ様なイベントが出来れば良いと思うのですが、XBLIG配信前のゲームをプレイできるのはXNACCメンバーに限られ、Xbox LIVEに接続出来ていないといけないので難しいところです。同じ様なイベントを開催するには結構大変です。

ロケテゲームショウに加えて必要になる

  • XboxLIVEに接続できる環境
  • XNA CCプレミアメンバーのゲーマータグ
の2つをどうするかになると思います。どうにかするにはMSの協力が不可欠なんでしょうね。

posted by 与野 at 08:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33362493
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック